【文法解説】日本語能力試験JLPT N3「~ことになっている」例文・導入例も!

 

先生
こちらの記事は下記のような方を想定した文法解説記事となっております!

  • 日本語能力試験JLPT N3の文法「~ことになっている」を初めて教える事になった日本語教師
  • 久しぶりに「~ことになっている」の文法を教えることになり内容を確認したい日本語教師
  • 日本語教師になることに興味がある/勉強中の方

文法「~ことになっている」の概要

記事中に登場する記号の見方

記号の見方:品詞

V(Verb)…動詞

いA(i-Adjective)…い形容詞

なA(na-Adjective)…な形容詞

N(Noun)…名詞

Adv(Adverb)…副詞

意味

~ことに決まっている
※予定・規則・習慣などを表します。

〈英訳〉refers to something decided
〈中国語訳〉約定~/規定~

接続

V辞書形/ない形 + ことになっている

JLPTレベル

日本語能力試験JLPT N3

該当文法が使わているテキスト

文法「~ことになっている」とよく一緒に使われる単語

動詞

  • 会います
  • 行きます
  • します
  • 見せます

その他

予定や規則などを表す文型なので、<~てはいけない>の文型と一緒に使うことが多いです。

文法「~ことになっている」を使った例文

  • 夏休みは祖父の家に行くことになっています
  • 明日は教授に会うことになっています
  • 今日は10時に歯医者へ行くことになっている
  • 図書館に入るにはこのカードを職員に見せることになっている
  • ここで靴を脱ぐことになっています
  • このドアは開けてはいけないことになっています
  • 17時を過ぎたら、ここには入ってはいけないことになっています
  • 健康診断の前日はお酒を飲んではいけないことになっています
  • この乗り物は子供しか乗れないことになっています
  • このサービスは誕生日の人しか受けられないことになっています

文法「~ことになっている」を使った導入例

導入例1

先生
海外旅行の話をして、雰囲気作りをします。

T:みなさん、海外旅行が好きですか?

S:はい、好きです。/いいえ、好きじゃありません。

(海外旅行の話題など、雰囲気作りをします。)

 

T:飛行機に乗るとき、何が必要ですか?

S:パスポートとチケットです。

T:そうですね、これはルールです。決まっています。

(入国審査をする場面の絵や写真などを準備します。)

(絵/写真を見せて)

T:ここでパスポートを見せます。決まっています。

ここでパスポートを見せることになっています

(ホワイトボードに板書します。)

 

T:「~ことになっています」は「決まっています。」と言いたいときに使います。

ルールや予定、習慣などを言うとき、使います。

導入例2

先生
電車の話をして、雰囲気作りをします。

T:みなさんは電車によく乗りますか?

S:はい、乗ります。/いいえ、乗りません。

(電車について話し、雰囲気作りをします。)

 

T:電車に乗るとき、Sさんの国ではどんなルールがありますか?

S:食べ物を食べたり、飲み物を飲んだりしてはいけません。

T:Sさんの国では、電車の中で食べ物を食べたり飲み物を飲んだりしてはいけません。決まっていますね。

電車の中で食べ物を食べたり、飲み物を飲んだりしてはいけないことになっています

(ホワイトボードに板書します。)

 

(導入文で接続を確認します。)

先生
予定、規則、習慣それぞれの意味の文を導入し、使い方を定着させましょう。

 

The following two tabs change content below.
日本語情報バンク編集部

日本語情報バンク編集部

日本語情報バンク編集責任者。これまで1,000名以上の日本語教師との面談実績あり。特に就職や転職の分野に強く、養成講座や検定試験など日本語教育に関わる有益な情報を経験を織り交ぜながら発信中!直近では「日本語教育の質の向上」を目指している。