英語が苦手…でも、外国人と関わる仕事がしたい!国内でもできるお仕事紹介

外国人と関わる仕事がしたいという方にオススメのお仕事を紹介します。

外国人と関わるお仕事というと、語学力を活かして、国際的に活躍するお仕事というイメージの方がほとんどだと思います。

そのため外国人と関わりのある国際的なお仕事に憧れはあるけれど「英語が話せないと…。」「他の言語が話せないと…。」という理由で諦めてしまう人もいるのではないでしょうか。

本記事では語学力が求められない国内でできる外国人と関わる仕事をご紹介しています。

日本国内で語学力がなくても、外国人と関わりながら働くことができますので気になる方はぜひ最後までご覧ください。

【国内で外国人と関わる仕事】日本にいる外国人について

引用:「東京で暮らす外国人、過去最多の55万人 : 新宿区は全人口の12.4%に」(2019) nippon.com

(上記は東京における人口の推移)

外国人の方と関わるお仕事というと、海外に行って国際的に働くことをイメージしがちです。

しかし、令和元年時点で日本で働く外国人労働者は約166万人。労働者の届け出が義務化された平成19年度以来、最多の記録となりました。

中国、ベトナム、フィリピン、インドネシア、ネパールなど、アジアの国々を中心に日本に働きに来る人々が毎年のようにいます。

このように日本国内にも多くの外国人の方が働いており、国内でも外国人と関わりながら働くことは可能です。

では具体的に国内でどのようなお仕事があるのか、見ていきましょう。

【国内で外国人と関わる仕事①】ホテルスタッフ

ホテルスタッフは、仕事内容ごとに細かく分業されています。

どの職業も宿泊のお客様にホテルで最高の時間を過ごしてもらう上で欠かせないサービスのプロフェッショナルです。

正社員、契約社員、アルバイトなどが勤務しており、「フロント」「コンシェルジュ」「清掃スタッフ(ハウスキーピング)」「ドアマン」「ベルマン」などの職種があります。

その他にもホテルのレストランなど飲食を提供する「レストランスタッフ」や「バーテンダー」などもホテルの職種であり、多くの人々が協力してお客様をおもてなしします。

様々なエリアから来日する外国人客に平等なサービスを提供するため、英語や中国語、韓国語などの他言語が話せた方がいい場合もありますが、話せなくてもやさしい日本語等で対応ができますし、日本のおもてなしのサービスは言語の壁をも超えることもあります。

また昨年、2019年の4月より宿泊の仕事も対象となる「特定技能」の在留資格が新設されたため、今後ホテル業界に外国人労働者が増えていくことは明白です。

一緒に働く仲間が外国人労働者になるという可能性も高いのでホテルで働く場合、外国人と関わりながら働くことになるでしょう。

【国内で外国人と関わる仕事②】コンビニ・飲食店の店長

コンビニエンスストアやその他飲食店の店長として店舗運営全般を行う職業です。

企業に所属し直営店の店長に配属されたり、店舗スタッフからスタートしてフランチャイズ店舗の新規出店時に店長配属されたり、既存店責任者から任命されたりといくつかの就業方法があります。

店長として働く上で特別な資格はありませんが商品計画やマーケティングに関する知識があることが望ましいでしょう。

またスタッフとのコミュニケーション能力、経営に関する事務処理能力など求められます。

2018年度、大手コンビニ4社で働く外国人労働者は約5万5000人となりました。

留学生の中にはコンビニで接客の仕事を通して日本語力の向上を求めている人もいるため、外国人がいるコンビニで働いていれば自然と外国人とコミュニケーションを取る機会は増えていくでしょう。

【国内で外国人と関わる仕事③】観光地のスタッフ

観光地のスタッフは観光地のお店で接客等のお仕事を行うことです。

場合によっては、現地の観光名所の案内などをする人もいるかもしれません。

日本政府観光局によると2019年1年間の訪日外国人客数は3,188万2千人と、統計を開始した1964年以降で最多となっています。

2020年9月現在、コロナウイルスの影響で外国人観光客の入国が制限されていますが2021年には東京オリンピックが予定されていますし、コロナ禍でも外国人旅行者は増加する可能性が高いです。

外国人観光客の方にとって観光地での日本人との関わりは一生忘れられない思い出になることもあります。

日本の文化やおもてなしを外国人に伝えることができるお仕事の1つと言えますね。

【国内で外国人と関わる仕事④】日本語教師

日本語教師は日本語を母国語としない人に日本語を教える職業です。

それだけではなく日本の文化や習慣、歴史なども教えます。

国内外の日本語教育機関・施設にて非常勤や常勤、ボランティアとして働くことができます。

日本語教師には教員免許のようなものはありませんが国内の日本語学校(日本語教師が活躍できるもっともメインの職場)で働くためには文化庁が定めている日本語教師ガイドラインに

書かれている3つの条件

①大学または大学院で日本語教育を主専攻または副専攻として修了

②日本語教育能力検定試験合格

③学士の学位を有し文化庁に届出が受理されている日本語教師養成講座の420時間単位時間修了

のうちのいずれかを満たさなければいけません。

現在、日本語教師になるために必要な条件について、詳しくはこちらにまとめていますのでご覧ください。

日本語教師になるために必要な資格・試験はある?日本語教師の国家資格って?

2020/4/29

 

日本語学習者の中には、様々なバックグラウンドを持つ学生がいるためその人々に寄り添い、分かりやすく正しい日本語を教えるスキルが必要です。

国内では学生の生活面や進路指導などのサポートも求められます。

国外では、現地語能力と、現地の文化を理解し尊重しながら日本語を教える能力が必要です。

日本に在留する外国人は令和元年に293万3137人となり、前年末(273万1093人)に比べ、20万2044人(7.4%)増加し、過去最高となりました。

また、その中でも留学ビザできている外国人は345,791人でこれも前年より8791人(2.6%)増加しています。(法務省HPより)

これに伴い日本語教師の需要も高まることが予想されます。

国内で教える日本語教師は日本語で日本語を教える直接法という方法で教えるため、英語能力は必須ではありません。

学生たちの日本語学習、そして最終的には日本で進学または働き始めるまでをサポートすることは他の仕事では得られない大きなやりがいを感じられると思います。

外国人に日本語を教えるお仕事ですが日々外国人の方と関わる中で、教師自身も学生から教わったり、日本について再発見できたりする場面も多いようです。

もし日本語教師の資格に興味があり「まずは資料請求をしてみたい!」という方は下記から【無料で一括資料請求】をすることができますのでぜひ、利用してみてください。

【国内で外国人と関わる仕事】まとめ

外国人と関わる仕事のまとめとしては下記があります。

  1. ホテルスタッフ
  2. コンビニ・飲食店の店長
  3. 観光地のスタッフ
  4. 日本語教師

以上、国内で外国人と関わるお仕事についてご紹介いたしました。

語学力がなくても、国内で外国人と関わることができるお仕事はあります。

特に日本語教師のお仕事は語学力がなくても海外で働ける可能性がありますので、国外で国際的な働き方をしたいという人にもオススメです。

The following two tabs change content below.
アバター

日本語教師 S

関西在住の現役日本語教師。日本語教育主専攻卒。新卒非常勤2年目。 若手日本語教師の目線で様々なことを発信中! 日本語情報バンクのライター