日本語教師養成講座は通信での学習可能?注意したいポイントなども解説!

昨今、日本で働く人の人口の拡大や日本へ留学したい学生の増加から日本語を教える「日本語教師」の需要が高まってきて人気も出てきています。

その日本語教師になるための選択肢の1つとして「日本語教師養成講座」を修了することが挙げられます。

実は日本語教師養成講座も通学だけではなく、通信で学ぶことができる通信講座も用意されているんです。

本記事ではそもそも日本語教師のなりかたから養成講座、特に通信講座に関して解説していきたいと思います。

これから日本語教師を目指している方は参考にしてみてください。

【日本語教師養成講座を通信で学習する】そもそも日本語教師のなり方は?

そもそも日本語学校で教師として教壇に立つためにはどのような要件が必要になるのでしょうか?

結論から言うと日本語教師になるための資格は3つあります。

①大学・大学院の日本語専攻で学ぶ
②日本語教育能力検定試験に合格する
③日本語教師養成講座で420時間コースを修了する

上記の3つのうち1つでも満たしていると日本語教師として法務省告示校で留学生に日本語を教えられるようになります。

(※四年生大学を卒業していない場合で養成講座のみの受験の場合は認められていません。その場合日本語能力検定試験での合格が必要となります)

中でも日本語教師養成講座は日本語教師になるために必要な知識や現場での実践力までが包括的に、かつ420時間という期間で修了が可能なため非常に人気の日本語教師への道となっております。

では下記で詳しく養成講座やその取得方法に関して詳しく解説していきたいと思います。

※現時点(2020年4月時点)で国家資格化(公認日本語教師(仮))が進んでおります。

今後は現状の要件と異なってしまう可能性もありますので詳しい状況に関しては弊社記事「【2020年最新版】日本語教師の資格が国家資格になるって本当?」をご覧になってください。

【日本語教師養成講座を通信で学習する】日本語教師成講座とは?

では先ほど日本語教師になるための要件である1つの日本語教師養成講座とお伝えしましが、そもそも養成講座とはどのようなもので、どのような形で終了する必要があるのでしょうか?

日本語教師養成講座とは420時間で文化庁が示した日本語講師養成のための標準的な教育内容の方針に沿って学習できるカリキュラムのことです。

日本語教師養成講座は日本語学校で修了することもできれば、認められていれば一般の企業が提供するものでも可能です。

ほどんどのものが1年から1年半程度で終えることができます。最短のものでは半年で終えることができるために日本語教師になるための要件として人気が高いです。

また費用は提供する機関にもよるのですがほとんどが約50~60万円ほどで修了することができます。

ではここからが本記事の本題になるのですが養成講座には下記の2つの受け方があります。

①通学で修了する
②通信(e-learning)で修了する

①通学で修了する

通学で取得する方法に関してはこちらの記事で詳しく解説をしておりますので参考にしていただければと思います。「」

②通信(e-learning)で修了する

通信で修了する場合に関しては日本語教師に必要な知識を通信教育で修了し、教え方や実際に教壇に立っての練習などは通学をして学ぶような形になります。

なので現状文化庁から受理されている通信教育でも理論は通信で学ぶことができますが実践に関しては実際に自分で機関に赴いて習うという形になります。

 

【日本語教師養成講座を通信で学習する】通信講座のメリット・デメリット

では通信講座で日本語教師養成講座を修了することのメリット、デメリットはどのようなものが考えられるのでしょうか?
通信講座を考えられている方は参考にしてみてください。

通信講座のメリット

ここからは通信講座で日本語教師の要件を満たすことのメリットを解説していきます。

①隙間時間で理論を学ぶことができる

まず通信講座で修了することのメリットとして自分で通学をする必要がないため、仕事をしていたり、家事や育児をしている忙しい方でも隙間時間や土日で講義を受けることができるというメリットがあります。

②費用が抑えられる

通信講座の2つのメリットとして費用が通学に比べて抑えれらるということが挙げられます。

一般的な通学形式の講座の費用は約50~60万円のところが多いのですが、通信講座の場合は50万円以下で受けられるところがほとんどです。

費用が安くなる理由としては学校側は講師を雇う必要がなく、受講生が勝手に学習することで費用が抑えられるからです。

③均一の質の授業を受けられる

通信講座の3つのメリットとしては通信での授業のため均一の質の講義が受けられるということが有ります。

通学の場合であれば可能性としては変な先生に教えられるということも考えられます。

しかし通信講座の場合であれば提供側が「これで大丈夫」と一定の基準を満たしているもののみの為、先生に左右されず学習をすることができます。

通信講座のデメリット

では通信講座で日本語教師の要件を満たすことのデメリットを解説していきます。

①実践力が付きにくい

まず通信講座のデメリットとして考えられることはもちろん実践に関しては通学をして養うことができるのですが、通学の場合と比べると実践力がつきにくいという点が挙げられます。

やはり実際に講師の方が自分たちに対面で教えているという経験をすることで「教える」ということを体で感じることができます。

通信の場合だとそれを体感することが難しくなってしまいます。

②仲間ができない

通信講座のデメリットの2つ目として仲間ができないということが有ります。

通学の場合であれば「日本語教師を目指している」同士と切磋琢磨できるので講座を修了した後も繋がって、仲間になることが大いにあるのですが、通信の場合だと一緒に受ける人の顔が見えないので当然、仲間を作ることができません。

③疑問点や質問があった際に質問ができない

通信講座の3つ目のデメリットとしては疑問点や質問があった時に適宜質問ができないということが有ります。

通学の場合であれば先生と対面での授業が行われる為、何か疑問点や質問があった際にその場で解決することができます。

その際に先生の教育への熱や哲学に触れることもできるので教師として厚みが増します。

【日本語教師養成講座を通信で学習する】通信で資格を取得をする際の注意点!

ここまで日本語教師養成講座、通信講座のことに関して解説をしてきましたが気をつけてほしい注意点が有ります。

それは通信講座の中には法務省の「日本語教育機関の告示基準」を満たしていないものがあるのです。

つまりこれが何を意味しているかというとせっかく費用をかけて、時間も使って修了したのにも関わらず日本語教師としての要件をクリアできていないということがあるのです。

なので必ず受講する前に確認しておきたいことは法務省の「日本語教育機関の告示基準」を満たしているかどうかということです。

その情報に関しては下記にリンクを載せておきましたので都度ご確認いただくといいでしょう。

「日本語教育機関の法務省告示基準第1条第1項第13号に定める日本語教員の要件について」
https://www.bunka.go.jp/seisaku/kokugo_nihongo/kyoiku/kyoin_kenshu/

【日本語教師養成講座を通信で学習する】通信を受ける際の比較のポイントは?

では実際に日本語教師養成講座を通信で修了したいということになった際にはどんな観点から見ればいいのでしょうか?

①自宅からの距離

まず通信講座と言っても理論はオンラインで学ぶことができますが実践の部分に関しては通わなければなりません。

通信であるからと言って実践部分を学ぶ場所がご自宅から遠いところであれば通うことが難しくなってしまいます。

つまり選ぶ際にはご自宅からの距離を鑑みる必要が有ります。

②費用面

一口に通信講座といっても提供している提供もとによってかかる費用が異なってきます。

なのでしっかりと比較してみるといいでしょう。

③実践力

次にほとんどの皆様が日本語教師になることが目標ではなく、「留学生に良い教育を提供したい」という思いでしょう。

なのでただただ学べればいいという訳ではなく、そこで本当に実践力がつくかどうかということもポイントとして押さえておくのがいいでしょう。

④就職へのフォロー

「やっと日本語教師になれた、さあ就職だ」と思ってもなかなか日本語学校の求人の情報は出ていないものです。

またあったとしてもそこが本当にいい学校なのか、自分のやりたいことができるのかとうことは表面上では判断が難しいです。

しかし講座の提供元であれば学校との繋がりも多く就職先を斡旋してくれることも有ります。

なのでポイントとして就職へのフォローの手厚さを見ておくといいでしょう。

【日本語教師養成講座を通信で学習する】まとめ

・日本語教師養成講座は日本語教師になるための1つの方法である
・通信講座で日本語教師養成講座を修了し、日本語教師の要件を満たすことができる
・費用は通信講座の方が通学よりも安く、大体が50万円以下
・文化庁に受理されていないと日本語教師として認められないので注意
・忙しい方に向いている
・4つのポイント(自宅からの距離/費用面/実践力/就職へのフォロー)で判断すると良い

The following two tabs change content below.
日本語情報バンク編集部

日本語情報バンク編集部

日本語情報バンク編集責任者。これまで1,000名以上の日本語教師との面談実績あり。特に就職や転職の分野に強く、養成講座や検定試験など日本語教育に関わる有益な情報を経験を織り交ぜながら発信中!直近では「日本語教育の質の向上」を目指している。