【文法解説】日本語能力試験 JLPT N4「(疑問詞)〜か」例文・導入例・誤用例も!

 

先生
こちらの記事は下記のような方を想定した文法解説記事となっております!

  • 日本語能力試験 JLPT N4の文法「(疑問詞)〜か)」を初めて教える事になった日本語教師
  • 久しぶりに「(疑問詞)〜か)」の文法を教えることになり内容を確認したい日本語教師
  • 日本語教師になることに興味がある/勉強中の方

文法「(疑問詞)〜か)」の概要

記事中に登場する記号の見方

記号の見方:品詞

V(Verb)…動詞

いA(i-Adjective)…い形容詞

なA(na-Adjective)…な形容詞

N(Noun)…名詞

Adv(Adverb)…副詞

意味

間接疑問文

文の中に疑問詞(いつ、どこで、だれが等)を使った疑問文を使う表現。

接続

疑問詞+V普通形+か、〜

疑問詞+いAい+か、〜

疑問詞+なAです+か、〜

疑問詞+名詞+か、〜

JLPTレベル

日本語能力試験 JLPT N4

該当文法が使わているテキスト

文法「(疑問詞)〜か」とよく一緒に使われる単語

疑問詞

  • 何時に
  • いつ
  • 誰が
  • どこへ
  • どうやって
  • どうして
  • どれが
  • 何を

動詞

  • 行きます
  • 帰ります
  • 決ます
  • 終わります
  • 使います
  • 作ります
  • あります
  • います

文法「(疑問詞)〜か」を使った例文

  • 明日何時に映画に行く、教えてください。
  • トムさんがいつアメリカに帰る、知っていますか。
  • 誰がパーティーに来る、まだわかりません。
  • 夏休みにどこへ行く、相談しましょう。
  • この料理はどうやって作るわかりません。
  • どうしてデートに遅れた、説明してください。
  • どれが私のコーヒー、覚えていません。
  • 国に帰ったら何をする、まだ決めていません。
  • 山田さんはどこにいる、知っていますか。
  • 銀行がどこにある、知りません。

文法「(疑問詞)〜か」を使った導入例

導入例1

先生
学生が読み方を知らないような漢字(憂鬱、躊躇等)を見せます。

先生:この漢字を見てください。何と読みますか。知っていますか。

学生:知りません。

先生:難しいですね。何と読みますか、わかりません。この漢字は読む知りません

どうやって書きますか。わかりますか。

学生:わかりません。

先生:この漢字はどうやって書く、わかりません。

先生
ここで何、どうやっては疑問の言葉であること、「か」の前は動詞の普通形であることを確認します。

先生:何、どうやっては疑問、?の言葉です。「か」の前は動詞の何形ですか。

生徒:普通形です。

学習者がよくする文法「(疑問詞)〜か」の誤用例

先生
な形容詞や名詞に接続する場合は、「だ」「です」は不要です。例文を用意して、そのことに気づかせると良いでしょう。

✕ いつ暇ですか、わかりません。

○ いつ暇か、わかりません。

✕ どんな料理ですか、わかりません。

○ どんな料理か、わかりません。

 

The following two tabs change content below.

日本語情報バンク編集部

日本語情報バンク編集責任者。これまで1,000名以上の日本語教師との面談実績あり。特に就職や転職の分野に強く、養成講座や検定試験など日本語教育に関わる有益な情報を経験を織り交ぜながら発信中!直近では「日本語教育の質の向上」を目指している。