日本語教師の資格がなくても日本語教師になれる?どんな仕事ならできるの?

日本語教師として日本語学校で働くためには、法務省 「日本語教育機関の告示基準」に記載されている下記の要件を持たす必要があります。

全ての教員が,次のいずれかに該当する者であること。

  1. 大学(短期大学を除く。以下この号において同じ。)又は大学院において日本語教育に
    関する教育課程を履修して所定の単位を修得し,かつ,当該大学を卒業し又は当該大学
    院の課程を修了した者
  2. 公益財団法人日本国際教育支援協会が実施する日本語教育能力検定試験に合格した者
  3. 学士の学位を有し,かつ,日本語教育に関する研修であって適当と認められるものを
    420単位時間以上受講し,これを修了した者
  4. その他1から3までに掲げる者と同等以上の能力があると認められる者

法務省 「日本語教育機関の告示基準」より作成

 

つまり、大学で日本語教育を専攻し単位を取得するか、日本語教師養成講座420時間を修了するか、日本語教育能力検定試験に合格すれば日本語教師として日本語学校で働くことができます。

しかし、上記の3つの方法は、「日本語教師の3つの資格をコスパの観点で分析してみた」でも解説したように、どれもある程度のお金と時間がかかります。

 

では、資格をとらないと日本語を教えることはできないのでしょうか?

 

結論から言うと、資格がなくても日本語を教えることはできます

 

今回は、「そこまでの時間とお金はかけたくないけれど、」日本語教師になりたい!という方に、以下では資格がなくてもできる日本語教師の仕事をご紹介します。

日本語教師の資格がなくても日本語教師になる方法 ①オンラインで日本語教師になる

 

日本語教師の資格がないと日本語学校の教員になることはできませんが、オンライン講師になることはできます。

以下では、具体的なウェブサイトなどを紹介します。

オンライン講座① Preply

 

Preplyは、スカイプでオンライン講座を開くことができるプラットフォームです。

日本語を教えたい場合は、Preplyに講師登録をすれば、自分で講座を開くことができます。

受講料は自分で設定できます。相場は時給1000円~2000円のようです。

しかし、手数料を18%~33%取られてしまいます。さらに、初回授業は手数料100%なので、初回は無給となります。

とはいえ、自分で講座のスケジュールを調整できるのはうれしいですね。

 

オンライン講座② Japa Talk

 

Japa Talkmも、先ほどのPreplyと同じように、オンラインで日本語を教えることができるプラットフォームです。

先ほどのPreplyはアメリカの企業が運営し、世界の様々な言語のオンライン講座が受講・開講できるサービスでしたが、Japa Talkは日本の企業が運営し、日本語のレッスンのみのサービスです。

ただ、サービス自体は先ほどのPrepkyと似ていて、自分で講座の価格設定をでき、時間も自分で決めることができます。

しかし、1コマは25分と決まっています。

また、最初の10レッスンほどは390円という規定があります。

Japa Talkも、スカイプを用いてオンライン講座を行います。

 

日本語教師の資格がなくても日本語教師になる方法 ②ボランティアで日本語教師になる

 

ボランティアであれば、日本語教師の資格がなくても日本語を教えることができます。

日本語教師のボランティアは、国内でもありますが、海外での求人が多いです。

また、海外であれば資格を持っていなくても日本語教師になれる場合は多いので、海外志向が強い方は一度ボランティアで海外に日本語を教えに行ってみると良いと思います!

そのまま正規雇用されるということも十分にありえます。

 

また、ボランティアで培った経験が、日本語教師の資格取得の際や、就職活動の際に大きく役立ちます。

 

とはいえ、日本語教師の資格は取得したほうが良い

今まで、日本語教師の資格がなくてもできる日本語教師の仕事を紹介してきましたが、やはり資格は取得した方が、選択肢の幅が広がります。

特にオンライン講座などは、日本語学校に勤務しながらでも空いている時間などにできるので、まずは資格の取得を目指すべきだと思います。

The following two tabs change content below.
日本語情報バンク編集部

日本語情報バンク編集部

日本語情報バンク編集責任者。これまで1,000名以上の日本語教師との面談実績あり。特に就職や転職の分野に強く、養成講座や検定試験など日本語教育に関わる有益な情報を経験を織り交ぜながら発信中!直近では「日本語教育の質の向上」を目指している。